受験生である中学3年生は、公立入試までほぼ毎月のように北辰テストがあります。北辰テストは埼玉県内の90%以上の生徒が受けており、私立高校との事前の個別相談資料としても重要なものとなります。問題形式などは公立入試を意識したものとなっており、どの教科も記述での解答が中心となります。「中3になったら、北辰テストを受験しないといけないんだよな」程度の気持ちで受験するものではなく、毎回の出題範囲を確認し、過去問題を本番同様の心構えで解く、といった準備が必要となります。
 毎年、北辰テストにおいて理科・社会が不得意な生徒が多く見受けられます。理科・社会は主要5教科の中では最も短期集中型の勉強で結果を反映させやすい教科であると言えます。しかし、それ以上に「好きか、嫌いか」が強く出てしまい、苦手な生徒の多くが理科・社会の勉強を後回しにしてしまいがちです。
 今回は、第1回の理科・社会に向けての勉強会を実施します。どんなテストでもしっかり準備をして、実力を出し切れるようにしましょう。

中3理社・特訓勉強会
■対象 新中学3年生の皆さん(塾生でない方も参加できます)
■日時 平成27年3月24日(火) 午後7:20~午後9:30
■場所 山手学院 東毛呂校
 ※当日はノートと筆記用具を準備してください。

山手学院東毛呂校の校舎案内へ戻る