山手学院では今年度も冬期講習を実施します。パンフレットにもあるとおり、自分の目標に向かって「やる気」で取り組んでもらえるよう、どこにも負けない最高の学習環境をご用意しています。
 

●授業●

 まずは、講習のメインとなる授業。どの学年においても、2学期に学習した内容は非常に重要なものばかりです。重要な単元とは、単元理解度が今後の学習に大きな影響を与えるものや、入試で頻出される問題の基盤になるものです。春の進級・進学を前に、どうしても苦手単元を克服しておきたいところですが、春は先取り学習に目がいきがちでゆっくり復習する時間をとることは難しいです。山手学院の冬期講習では、これまで学習した内容の復習がメインとなります。わかりやすい授業はもちろん、課題の管理や確認テストなど、短期間で最大の効率を出す秘密が山手学院の授業にはあります。

●自学●

 講習期間中は、自由に使える自習室を午前10時から午後10時まで開放します。塾で出される課題の他、学校の宿題を持ち込んでの学習も大歓迎です。また、1月の検定の学習も追い込みの時期でしょう。あらゆる学習を鶴ヶ島校は全面バックアップします。なお、自習中にわからない問題があっても安心してください。授業に入っていない講師が各種質問に対応します。

●講習まとめテスト●

 中学3年生以外のクラス授業受講者は、1月7日に講習まとめテストを実施します。講習で学んだ学習内容の定着度を測ることで、講習中にできるようになった単元や新年度までに克服したい単元を確認することができます。

●フォローアップ●

 集団授業のフォローアップを下記の通り実施します。体調不良や帰省などで欠席してしまった授業の理解や、定着が不十分な単元の演習を目的としています。

  小学生:1/8・1/9 13:00~15:00
  中学生:1/8・1/9 17:00~19:00

●受験生専用自習室●

 中学3年生にとって、この冬はまさに正念場。山手学院鶴ヶ島校では必死に頑張る塾生に応えるため、講師付きの受験生専用自習室を開放します。講習中は毎日19時~22時まで、各集問題集や過去問の質問に対応します。講習授業の後に設置しているので、当日の授業に対する疑問点もその日のうちに解消できます。「わからない」を翌日まで持ち越さない、このサイクルが入試直前期の学習効率を最大限まで高めます。

山手学院鶴ヶ島校の校舎案内へ戻る