●中学生になってかわること
①定期テストが1年間に5回行われます。
 1学期中間・期末テスト 2学期中間・期末テスト 3学期学年末テスト
②テストの範囲は2・3単元にわたり、小学校の単元別テストよりも広くなります。
③1・2・3年生の通知表が全て高校入試の資料として使われます。
④定期テストで学校内の順位が出ます。
⑤提出物・授業中の発言・定期テストの点数が通知表の評価を決めます。
⑥通知表に5段階×9教科で評価がつきます。


 中学校生活に向けて準備をしていきましょう。中学校では各学期に定期テストがあります。 中学校の定期テストは今までのテストと異なり、範囲がとても広く、事前の準備がとても重要になります。
 そこで、この講座を通して、

●各教科の勉強をどのようにしたらよいのか?
●通知表でよい結果を出すにはどうしたらよいのか?

などについて、勉強法を詳しく説明します。 中学校の通知表は高校入試に直結しています。
 良いスタートを切るために、この講座でしっかり勉強方法を身につけましょう。

▼日時・・・ 4月22日(月) 21:05~21:50
▼場所・・・ 山手学院 霞ヶ関校
▼対象・・・ 中学1年生 生徒(山手学院生以外もご参加できます。)
▼費用・・・ 無料
▼TEL ・・・049-233-0007

 

山手学院霞ヶ関校の校舎案内へ戻る