保 護 者 様

 通知表が返ってきました。通知表における評価のつき方の仕組みや、評価方法などを知れば、必ず評価は上がります。今回の面談では通知表で5教科に3以下があった生徒、および9教科で2以下があった生徒を対象に、面談形式で、今後の学習についてご相談させていただきます。

現状を踏まえ今後どうすれば通知表の評価が上がるのかを、資料を用いながら説明させていただきます。必要に応じて、生徒面談または三者面談を実施いたします。今後の目標や課題を見つけてもらう前向きな面談にしていきたいと思っておりますので、ご多忙中のこととは存じますが、ぜひ、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
生徒面談はご本人に、三者面談日程についてはお電話でご連絡させていただきます。


生徒のみなさん

 2学期が終わりました。通知表はどうだったでしょうか? 3学期はさらに通知表にこだわって、評価を上げていきましょう。現在の高校入試制度では、通知表はみなさんの将来の志望校選択を大きく左右するものになります。今のうちにしっかり通知表の評価を上げておけば、みなさんの将来の可能性は広がっていきます。

 自分の成績や通知表のことをよく知ることで、将来のことを真剣に考えていきましょう。良かった教科も悪かった教科も、必ずその評価がついた理由があります。どうしてその評価がつくのかを資料を使いながら一緒に分析していきましょう。みなさんも通知表の仕組みを知ることで、通知表の評価は必ず上がってきます。今年度も前向きに取り組んでいきましょう。

山手学院霞ヶ関校の校舎案内へ戻る