文章題は苦手!という人は、少なからずいると思います。そんな思い込みは捨てて、塾生はみんな文章題が得意になるように取り組んでいきます。文章題が苦手と思っている原因の多くに、

・文章題をしっかりと読まない。
・苦手という思い込みからよく考えないで、ねばらない。
・文章題の基本は、素直に読むこと。それなのに、深く考えて、おしいミスをしてしまう。その結果不正解になり、達成感が感じられない。

といったことがあげられます。そうではないです。山手学院の通常授業でも、「文章題がすごく苦手」と言っていた生徒が、自力で解けるようになり、喜んでいる姿がたくさんみられます。そんな姿をみると、私たち先生はとても嬉しくなります。さらにそれを強化するために、このプロジェクトを実施いたします。

 詳細は、塾生に配布するお手紙をご覧ください。また、中1・中3も、文章題の単元に入り次第、実施してまいります。もちろん、小学生も引き続き成績向上にとことん取り組みますので、ご期待ください。

山手学院日進校の校舎案内へ戻る