山手学院伊勢原校 | 埼玉県川越市伊勢原町の塾

教室情報

x03010001

  • 住 所 埼玉県 川越市 伊勢原町2-4-8
  • 電話番号 049-233-0008
  • 場 所 霞ヶ関北小学校前

 


●伊勢原校時間割へ●高校入試合格体験談へ


山手学院伊勢原校 2018年の予定

山手学院伊勢原校のご紹介

x12010001

目標に向けて努力できる環境があります。

 山手学院伊勢原校は、山手学院の中では比較的歴史の浅い校舎です。しかしこの間、中学入試では早稲田実業学校中等部や海城中、吉祥女子中などの難関高・人気校、高校入試では川越高校・川越女子高校をはじめとした県公立上位校はもちろん、筑波大学附属高校やお茶の水女子大学附属高校、早稲田大学・慶應義塾大学の附属高校など、最難関私国立高校への合格を多数出してきました。
 山手学院伊勢原校が地域に誇れる結果を出せる「理由」は以下にあります。

①熱心さと丁寧さを兼ね備えた教師が授業を担当しています。
 対話型の授業の中で分かりやすい授業を提供することは当然です。けれども、私たち教師は授業だけを行っているわけではありません。子どもたちの家庭学習の管理や日々の生活の状況把握、そして授業外の補習といったように、目標達成に向けたフォローを徹底的に行っています。

②良質な学習環境を提供しています。
 自習室は原則として毎日開放しています。しかし、単に教室を開放するだけでは、学習環境としてはふさわしいものにはなりません。「勉強しやすい環境」を維持するために、教師が常に自習室の管理を行っています。また、「質問対応」も随時行っていますので、分からない問題や解説に納得できない問題などにぶつかったときはすぐに教師に質問ができます。
 周りのライバルと切磋琢磨しながら、徹底的に学習できる環境が私たちの教室にはあります。

③進路選択を有意義なものにするためのアシストをします。
 私たちは、現状の成績だけで進路指導をすることは決してありません。あくまでも生徒・保護者の希望を叶えるために動きます。模試の偏差値などで安易な志望校決定をするのではなく、「希望」「理想」を実現するために動きます。そのために、生徒面談・保護者面談・三者面談を随時行い、情報共有をします。また、最新の入試情報や動向を発信することで、「すべきこと」を明確にします。ここから合格への道筋が見えてきます。

 このように、みなさんの目標を達成するための最適な環境が山手学院伊勢原校にはあります。「できるようになりたい」「合格したい」という気概をもった生徒の挑戦をお待ちしています。

山手学院伊勢原校に通塾する小学生・中学生

伊勢原校の塾生が在籍する小学校

【公立】霞ヶ関北小・霞ヶ関小・川越西小・霞ヶ関東小・霞ヶ関南小・名細小・藤小・南小
【私立】星野学園小(これらの小学校の生徒が伊勢原校に通塾し、元気に授業に参加しています)

伊勢原校の塾生が在籍する中学校

【公立】川越西中・霞ヶ関中・霞ヶ関東中・霞ヶ関西中・鯨井中・名細中
【私立】西武学園文理中・城西川越中
(これらの中学校の生徒が伊勢原校に通塾し、仲間と切磋琢磨しています)

伊勢原校の塾生が在籍する高校

【私立】慶應義塾女子高・川越高・西武学園文理高・坂戸高・武蔵越生高・西武台高・浦和ルーテル学院高
(これらの高校の生徒が伊勢原校の個別スクールに通塾しています)

山手学院伊勢原校 校舎案内

山手学院伊勢原校は、明るい色と、木の素材を取り入れ、過ごしやすさにこだわっています。機能的なデスク、椅子など学習設備を取り揃え、学習効率も申し分ありません。滞在時間を密度の濃いものにし、入試だけで終わらない、将来につながる力を身につけられる地域最高の学習空間です。

x12010001

◆校舎は学習環境に適した伊勢原地区の閑静な住宅街にあり、1階建ての薄いベージュ色で大変きれいな校舎です。

x12010002

◆玄関を入ると、広いスペースがあります。授業前や休み時間はいつも子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

x12010003

◆校舎内の廊下などの掲示版には高校や中学校のポスターやさまざまなイベントのポスターなどが掲示してあります。また、中学生の定期テスト期間中はワーク進度表も掲示しています。

x12010004

◆来客者用のスペースです。学習相談や進路相談などのご相談にもいつでも対応することができます。

x12010005

◆授業用の教室です。木目調の暖かい雰囲気の教室で授業を受けることができます。生徒は集中して、授業を受けています。

x12010006

◆自習用のスペースです。パーテーションで仕切られているので、集中して自習を行うことができます。

x12010007

◆保護者会やガイダンスで使用する教室です。プロジェクターを使用して、最新の入試情報などを提供しています。

山手学院伊勢原校 時間割

小学生 ジュニア・シリウスコース

公立中学進学を予定している小学生のための基礎学力・応用力 育成コースです。

山手学院の小学生コース 詳しくはコチラから

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小3 ジュニア 国算 17:00~18:40 各45分×1
小4 シリウス 国語 17:00~18:40 45分×2
算数 17:00~18:40 45分×2
小5 シリウス 国語 17:00~18:40 45分×2
算数 17:00~18:40 45分×2
英語 18:00~18:45 45分×1
小6 シリウス 国語 17:00~18:40 45分×2
算数 17:00~18:40 45分×2
英語 18:00~18:45 45分×1

◆私たちはお子様の将来を第一に考え、今のうちからしっかりと学習をする習慣つけ、学力をしっかりと向上させる指導をしていきます。小学生は得意教科づくりと学習習慣の定着を目指し、指導を行っています。

小学生 オプションコース

・楽しく英語を学ぶジュニアイングリッシュ

山手学院の小学生コース 詳しくはコチラから

コース 学年 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
ジュニア
イングリッシュ
小3・小4 英語 17:00~17:45 45分×1

◆全コースとも体験授業を実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

小学生 中学受験コース

一人ひとりに最善の指導を実践する山手学院の中学受験コースです。

山手学院の中学受験コース 詳しくはコチラから

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小4 中学受験 国算 月・木 16:50~18:40 50分×2
理社 16:30~18:20 50分×2
小5 中学受験 国語 16:50~19:00 60分×2
算数 16:50~19:00 60分×2
理社 16:00~19:10 90分×2
小6 中学受験 国語 16:50~19:00 60分×2
算数 16:50~19:00 60分×2
13:30~15:40 60分×2
理社 16:00~19:10 各90分×2

◆地元近隣では設置している塾が少ない中、伊勢原校では中学受験コースを専門に設置しております。県内私立中学はもちろん、都内難関中学にも対応出来るカリキュラムで指導しています。
◆伊勢原校は早稲田実業中学校や海城中学校に合格者を出しています。

中学生 特進・進学コース

進学サポート県内NO.1! 高校入試は山手学院にお任せください。

山手学院の中学生コース 詳しくはコチラから

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
中1 進学 国数英 月・水・金 19:20~20:55 45分×2
中2 特進・進学 国数英 月・水・金 19:20~20:55
特進:月のみ21:50まで
45分×2
特進:月のみ45分×3
理社 水・金 21:05~21:50 45分×1
中3 特進・進学 国数英 火・木・土 19:30~21:40 60分×2
理社 19:10~21:55 80分×2
難関公立
対策ゼミ
川越ゼミ
4科
英数理社
13:00~17:50 90分×2
5科
国英数理社
13:00~17:50 90分×3
難関公立
対策ゼミ
川越女子ゼミ
所沢北ゼミ
4科
英数理社
13:00~18:10 90分×2
5科
国英数理社
13:00~18:10 90分×3
入試対策
ゼミ
国語 16:00~17:30 90分×1
数学 17:40~19:10 90分×1
英語 17:00~18:30 90分×1

◆高校入試において全員が県立の川越南、坂戸、朝霞レベル以上の高校に合格できることを目標にしております。
◆地元で大変人気の高い県立の川越・川越女子高校はもちろんのこと、それ以上の難関高校合格を目指す生徒にとっても最適な学習環境を提供できることをお約束します。

個別スクール

山手学院の個別スクール 詳しくはコチラから

山手学院高校部(川越) 詳しくはコチラから

学年 コース 教科 曜日 時間割 1日の授業時間
小2~高3 個別指導 国数英理社 月~土 下記からお選び下さい ※80分

①13:00~14:20
②14:30~15:50
③16:00~17:20
④17:30~18:50
⑤19:00~20:20
⑥20:30~21:50
※中学受験以外の小学生は1コマ60分授業です。
◆「習い事がある小学生」「部活動が忙しい中・高生」など、一人ひとりのご都合に合わせた指導が可能です。生徒ごとにカリキュラムを組んで指導します。私立中学の人にも最適なコースです。


2018入試 合格体験談【高校受験】

r01002

●川越市立 川越西中 W.K.さん
●山手学院伊勢原校
●合格校 大宮高等学校・早稲田大学本庄高等学校・栄東高等学校(東・医クラス)


仲間とともに勝ち取った合格
 私は中学校入学と同時に山手学院に入塾しました。初めは中学校の定期テストなどのために勉強をしていましたが、三年生になると本格的に受験勉強に取りかかりました。
 三年生では選抜クラスになり、まわりのレベルが高い中に身を置いて勉強しました。初めのうちは授業数も宿題も多くついて行くのが大変でした。模試の結果が思うように伸びず、どんどん成績を伸ばしていく仲間に焦りを覚えることもありました。ときには、「こんなに勉強しているのに・・・」と思い、諦めそうになることもありました。しかし、一緒に頑張る仲間や熱心に教えてくれる先生方、支えてくれる両親がいたからこそ、最後まで頑張ることができました。その結果、第一志望、そして難関校にも合格することができ、とても嬉しかったです。
 私が受験した学校全てに合格できたのは山手学院の先生方や共に戦う仲間がいたからです。本当にありがとうございました。

r01001

●川越市立 川越西中 S.H.くん
●山手学院伊勢原校
●合格校 県立川越高等学校・川越東高等学校(普通コース)・星野高等学校(S類)


諦めずに目指した目標
 僕が山手学院に入塾したのは中学一年生の頃でした。そのころの僕には、川越高校が志望校と言えるほどの学力はありませんでした。その僕が、なぜ川越高校に合格できたのか。それは山手学院の先生方のおかげです。
 入塾したとき、先生は僕に「川越高校を目指せ」と言ってくれました。学力テストで点数が取れていなかった当時の僕には、厳しい目標であることを分かった上で応援し、背中を押してくれました。僕はそれから三年間必死に勉強しました。特に頑張ったのは中学三年生の夏期合宿でした。あの夏期合宿がなければ僕はこの作文を書いていないと思います。
 受験生の一年間は一生懸命頑張りましたが、特に夏期合宿と1月・2月に頑張ったのが合格できた要因だと思います。僕の周りの人もそうでした。山手学院の先生方、本当にありがとうございました。

r01002

●川越市立 川越西中 S.Y.さん
●山手学院伊勢原校
●合格校 早稲田実業学校高等部・明治大学付属中野八王子高等学校


悩みを乗り越えつかみ取った合格
 私は、八月に部活動を引退してから、本格的に受験勉強を始めました。高校でのやりたいことが決まらず、志望校を決定するにあたって先生に何度も相談に乗っていただきました。十二月頃に志望校を決定した後も、本当に早稲田実業が第一志望で良いのか、合格できなかったらどうしようかなどと悩みや不安も多くありました。ですが、先生に大丈夫と言ってもらえたことで、だんだん自分に自信が持てるようになりました。当日は、絶対に合格するという強い気持ちを胸に、悔いを残すことなく終えることができました。
 私が合格をつかみ取ることができたのは、山手学院の先生方や家族、友達の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。四月から始まる高校生活では、山手学院で学んだことを生かして、様々な努力を重ねていきたいと思います。

r01002

●川越市立 霞ヶ関西中 H・A.さん
●山手学院伊勢原校
●合格校 川越女子高等学校・狭山ヶ丘高等学校(Ⅰ類)・日本大学豊山女子(理数科)


諦めずに挑むことの大切さ
 私はずっと川越女子に入学したいと思っていました。しかし、北辰テストの志望校判定での合格率は常に10%未満でした。何度か志望校を変えることを考えましたが諦めきれず、結局変えることはしませんでした。今はあのときに変えずに頑張ってきて良かったなと強く思います。
 山手学院で周りとのレベルの違いを思い知り、授業中に何度も泣きそうになったのを良く覚えています。また、夏期合宿も本当に大変でした。しかし、今振り返ってみるとこれら全てとても大切な思い出であり、この先自分が大きな壁にぶつかったときに乗り越えるための力になると思います。私がいい経験をできたのは最後まで見捨てずに熱心に指導して下さった先生方のおかげです。本当にありがとうございました。

r01002

●川越市立 霞ヶ関中 M.M.さん
●山手学院伊勢原校
●合格校 早稲田大学本庄高等学校・明治大学付属中野八王子高等学校・星野高等学校(Ⅲ類)


皆の支えへの感謝
 私が山手学院に入塾したのは小学六年生の冬でした。本格的に受験を意識したのは中学三年生の夏からで、部活を引退するまでは勉強との両立が大変でした。その中でも学校の定期テストだけは常に力を入れ、内申ラインは高い数字を維持できるようにしていました。
 夏休みからは北辰テストや受験校を意識し、自習室に通い続けました。それまででは考えられないような勉強が中心の生活で苦しいと思うことも多くありました。そのようなとき、塾に行くと勉強している仲間がいて自分も頑張ろうと思えることが何度もありました。私が第一志望に合格することができたのは、切磋琢磨し会える仲間、熱心に最後まで教え、応援してくださった先生、優しく見守ってくれていた家族のおかげだと思います。山手学院に通っていたからこそ合格することができました。仲間や先生、家族に心から感謝しています。